オンラインギャンブル市場:サクセスストーリー

今起こっているコロナウイルスの世界的大流行は、歴史が浅いながらも激変を続けてきたオンラインビジネスの歴史におけるターニングポイントといえます。実店舗を構えたショップやレストラン、クラブが数多く撤退する一方、インターネット上の起業家たちはこの世の春を謳歌しています。最新の統計によると、オンラインショップの数はかつてない勢いで増しており、ほぼ全てのレストランがオンラインで注文を受けているとのこと。平均的に見れば日本経済は順調だと言えるでしょう。そして、オンライン上に資産を移したビジネスパーソンはそれ以上に好調です!

青天の霹靂

オンラインゲームやインターネットカジノなど、インターネット上でのギャンブルに投資してきた人たちにとって、今という時代は恵まれた時です。日本ではこの1年間で、オンライン上でカジノを楽しむ人の数が約4倍に増えたそうです!勤勉なオンラインギャンブル事業者たちは高まる需要に対応するべく最善を尽くしていますが、今のところ需要は天井知らず。さらに金融専門家が誰一人この状況を予測できませんでした。当然ながら致死性のウイルスの発生を予測できる人はいませんので、それは無理からぬことです。とはいえ、コロナウイルスがこれからどうなろうとも、こうしたビジネスはオンライン上にとどまり続けるとみられます。リアルの施設を再び作ることに経済的な意味はないのですから。

奇妙な予言

今の傾向が続くならば、私達は新しい時代の訪れを見るでしょう。きっとそうなるだろうというのが専門家の意見です。小さなレストランやベーカリー、街角の小さなファストフード店舗などは過去のものになるかもしれません。こうしたビジネスの大部分は、今後デリバリーサービスへと変化していくことでしょう。一部では宅配がドローンで行われるようになるとも言われています。そうすれば輸送コストが下がり、利益が上がります。そうなると接客業の従業員はどうなるのでしょうか?それこそが繁栄の裏側にある現実ですよね…。

大規模レイオフの可能性

様々な要素を考慮すると、接客業の従業員は多くが職を失うことになるかもしれません。幸いなことに、職を失っても成長産業に移ることは可能です!その一つは、先述のオンラインゲームです。もちろん、新しい環境で仕事をするためのスキルを新しく身につけるには時間がかかるでしょう。でも、少なくとも職にはありつけるのです。過渡期をうまく活用できれば、すぐに遅れを取り戻し、他の従業員に並ぶ日もそう遠くはないでしょう!